コレステロールを下げるサプリで正常値に下がりました!

1日に必要なコレステロール量とは?

健康診断でコレステロール値が高いと、血液がドロドロになり動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞など命に関わる病気の原因と言われており治療を受けます。しかし、医療の現場にいる医師など専門家の間では、どのくらいの数値が問題かをめぐってさまざまな意見があるそうです。

 

コレステロールと聞くと、悪者というイメージに方が多いかと思いますが、コレステロールは細胞膜の成分やステロイドホルモン、性ホルモン、胆汁酸、ビタミンDの材料として生命維持には重要な役割を果たしており、体が弱ってくるとコレステロールもさがり、コステロールが高い人は栄養状態が良いとされ、昔から、コレステロールは栄養状態の指標ともいわれてきました。

 

コレステロールの1日の使用量は、1.5g〜2.0g。このうち体内の肝臓などで約70%がつくられ、残りの30%が食べ物から摂取されます。食事での摂取量は多かったり、少なかったりしますが、基本的に肝臓はそれに合わせて合成される量を調整してくれますが、食事などから摂取するコレステロールの1日摂取目標量は、成人男性750mg未満、成人女性600mg未満と言われており、血中コレステロールの高い人は、食品からのコレステロール摂取量は300mgを超えないことが望ましいといわれています。目安としては、卵(L60g)のコレステロール含有量は214mgになります。

無くては困るけど摂り過ぎると問題!

コレステロールが無いと人間は生きていけないのですから、無くては困るのがコレステロールです。しかし、必要だからといって、コレステロールを摂り過ぎると様々な問題を起こす原因となるので、これまた問題と言えば問題です。

 

健康診断を受けるとコレステロールにも、LDLコレステロールとHDLコレステロールの2種類があることが解ります。悪玉コレステロールと善玉コレステロールで、それぞれ大切な役割を担っています。

善玉コレステロールは少な過ぎると問題になります。また、悪玉コレステロールが多すぎるとやはり問題を引き起こすのです。つまり、コレステロールを下げるには、善玉コレステロール値を増やして、悪玉コレステロールを減らすのが正しいコレステロールの下げ方になります。

 

コレステロールは体に必要だからといって、肉(牛や豚)ばかり食べていると悪玉コレステロールが増加します。肉類の動物性食品に含まれるコレステロールは飽和脂肪酸と言って固まりやすい特徴があります。逆に青魚に多く含まれているEPAやDHAは不飽和脂肪酸といって、血液をサラサラにしたり血栓を溶かすなどサラサラ成分なのです。

 

厚生労働省でも不飽和脂肪酸の1日の摂取目標量を1gに設定しています。CMでもよく見ると思いますが、まぐろの赤身にすると9人前にあたる量ですから、魚を好んで食べる方でも食事だけで摂取するのは難しい量です。

 

当サイトでは、コレステロールを下げるために必要な食事方法や運動方法、さらにはコレステロールを下げる食品やコレステロールを下げる成分w含んだサプリなどを紹介します。コレステロールが高めの方は是非参考にしてコレステロールを下げて健康な生活をお過ごしください。

コレステロールを下げて生活習慣病を予防しよう!

血液中のコレステロールや中性脂肪が増えると異常脂質症(高脂血症)という病気として扱われます。高脂血症が続くと血液はドロドロになり、その結果、血管に動脈硬化が発生します。動脈硬化は生活習慣病の原因となり、高血圧や糖尿病、さらには脳卒中や心筋梗塞など恐ろしい合併症まで引き起こし生命の危険性を脅かしてしまいます。

 

また、飽和脂肪酸を摂り過ぎるとコレステロールを高めるだけでなく、内臓脂肪型肥満の原因になったりメタボリックシンドロームの原因となったりします。このような肥満は生活習慣病の要因になることから、コレステロールのコントロールのために食生活の見直し、運動不足の解消、タバコやアルコールストレスにも注意が必要となります。また体内の酵素不足を補う方法として生酵素サプリの活用もいいと思います。

 

血圧が高めで気になる人へ

血圧が高めで気になる人や高血圧と診断された方も、コレステロール値が高い方が殆どです。できれば生活習慣を改善して血圧を正常値まで戻したいものです。しかし、なかなか効果が出ないという現状に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そんな方にお勧めなのが東洋医学の第一人者である福辻鋭記先生が考案した福辻式高血圧対策です。わずか5分のストレッチで血圧を下げる方法を紹介しているDVDです。興味のある方はご覧ください。